(なんばスカイオにて開催中の大恐竜展レポート付き)~おっとっとが火を着けたわが家の恐竜ブーム編~

きょうりゅぅううううっっっ!!!
今回のテーマは恐竜ーっ!!!

平成最後の投稿になろうとも時空を超えて恐竜です。

はい、トリケラトプスとか、プテラノドンとか、ティラノサウルスとかの、あの恐竜です。

あなたはいくつの恐竜が言えるでしょう?!

って、有名どころをあげられた後だと困りますよね・・・。
はい、それ以外でお願いいたします。

えっ?!
わからない??

もう・・・
仕方ありませんね。

ちょうど今、大阪、なんばでこんなイベントしているようです。
【公式】大恐竜展inなんば~よみがえる地球の絶対王者~ HPはこちら

緊迫が伝わる、カッコいいシーンですね。

っということで?!

今投稿は大恐竜展のレポート!!
も交え、恐竜にまつわる投稿になります。

恐竜大好き!では無い方でも楽しめましたら幸いです。

読み終える頃には、ちょっと?さらに?恐竜が好きになっているかもしれません。

そもそも恐竜の魅力とはっ?!

なんなのでしょう。

巨大だし??
太古の昔の神秘??
なんかシルエットがカッコいい??
ウルトラマンに出てくる怪獣の延長??

人それぞれになりますし、一概にこれっ!!とは言えませんね。
一言で説明しようとするには難しいところかもしれません。

・・・

・・・

・・・

ことの始まり。
ジワジワと恐竜ブームが巻き起こるわが家。

シン・ゴジラ(恐竜??)を数年前映画館に見に行ったり、ジュラシックパークシリーズは鑑賞したりと、それなりに嫌いではない自分。
昔はノストラダムスとか恐竜にも興味があったという謎めく妻。
おもちゃのブロックを駆使し、恐竜の骨格を何を見ずに再現できる息子。

そんなわが家。

息子といえば今年四月よりピカピカの小学1年生。
かつて熱狂していたヒーロー戦隊熱に変わり、最近夢中なのは・・・

YouTubeでMinecraft(マインクラフト)の実況動画を見ては手持ちのブロックで色々再現する事。

Minecraft(マインクラフト)とは??
これはブロックを置いて冒険し続けるゲームです。

息子はやたらと詳しいですが自分はあまり詳しくありません・・・

レゴ

レゴブロックでもそのゲームのキャラクターが存在するようです。

恐竜というか、モンスターというか・・・
龍?ドラゴン?

たくましい存在には何かと魅かれるものがあるかもしれません。
ドラゴンといえば空想や幻想の世界ではお馴染みといえるくらい、よく登場する生き物。

そんなファンタジーさも恐竜には含まれ、
(そもそも時期列的にはドラゴンのモチーフが恐竜??)
かつ、昔とはいえ同じ地球に実在していたという神秘さもあいまり・・・

これは思わず魅力的に感じるのも無理ないかも知れません。

しかし、怖い竜って・・・

なんてベタ・・・ではなくとても分かりやすい漢字ですね!!!
(意味が連想しやすい漢字は覚えやすく、とても親切だと思います。笑)

学研の図鑑LIVEさんとのコラボ商品

と、そんな恐竜熱。
高まるきっかけとなったのは・・・おっとっと?!

そう、あの有名どころのお菓子です。

おっとっと01

恐竜に会えるかも!?の説明があるこのお菓子。
以前にスーパーで見かけて思わず購入。

学研の図鑑LIVEさんとのコラボ商品になります。

学研の図鑑LIVEとは?!

LIVEの名に恥じない、いわば進化した図鑑!!

↓↓↓詳しく気になる人は
学研の図鑑LIVE HPはこちら
↑↑↑公式HPをご覧ください。

このおっとっと。
蓋を開けると・・・【ARで遊ぼう!】のマークがあります。

おっとっと02

楽しみ方としましては!!

恐竜の形のおっとっとを探し、美味しく頂きます。
(写真に収める間もなくパクパクと口に運ぶ息子・・・)

の他に!!!

お手持ちのスマホやタブレットに専用のアプリをダウンロードします。

そのアプリを立ち上げ、指定のマークを読み込むと・・・
恐竜などの3DARが見られる!!という優れモノです。

なんというか・・・
技術の発展といいますか・・・
3DARの理想的?? 正しい?? 活用をしているというか・・・

とにかく、すごく良い試み!!

3DARとは??

百聞は一見にしかず↓↓↓

(ぁあっ 網戸はGW中に掃除せねばっ!!)

5,6年程前にAndroidのアプリ開発を行っていた頃、ARアプリをお試しで作成。
当時はQRコードの読み込みから少しずれたらもう飛び出なかったのに・・・

えいえいと、必死にスマホの角度を調整していたというのに・・・
出てきたとしても、平坦な画像だったというのに・・・

なんということでしょう。

いまでは・・・コードを一度読み込むといつでも見ることができます。
しかも動きもあるし!!
拡大、縮小もできて端末を動かせば360度、対象も回転します。

顔のアップとか背中とかお腹とかを目の前の空間でジックリとみることができるのです。

(どんな技術やねんっっ!!!)っと、
技術の進歩にツッコミつつも感激してしまいます。

ちなみに、学研の図鑑LIVEさん、入浴剤ともコラボしております。

入浴剤01

ここにも恐竜コラボ

そ、そつないマーケティング・・・広告戦略っ。

わが家の行動パターンがすっかり読まれているようです(微笑)
子どもは入浴剤にもテンションあがります・・・。

ちなみにこちらのコラボでは3DARではなく、ミニ恐竜図鑑が付録されておりました。

入浴剤

(ゲスト:シュモクザメ男)

まんまと購入しているとはいえ、楽しみながら知識を増やすことには大賛成!!
熱中するモノを何か見つけるのは、集中力を養う上でも歓迎です。

と、そんなこんなで息子を中心に恐竜ブームになっている最中。
どこからか(小学校??)チラシが届いてまいりました。

大恐竜展。

子どもに尋ねると行って見たい!!と即答です。

開催場所はなんば。
家からは電車で一本で行けるし・・・じゃあ行こっか!

大恐竜展inなんば

【公式】大恐竜展inなんば~よみがえる地球の絶対王者~ HPはこちら

っということで行ってきた大恐竜展の内容をサクッと紹介!!

(前置きの長さの割りにサクッと!
詳細は実際に足を運ばれてのお楽しみということで!!)

GWの初日となる月曜日の15時ころ、混み具合は普通??
ギューギューの密度では無く、楽しむのに苦にならないといったところです。
(後でも触れますが、恐竜のキャンドル作りは人気があり90分待ち!!)

滞在時間は1時間弱でした。

大恐竜展inなんば概要

開催地 なんばスカイオ7F コンベンションホール(南海なんば駅直結)
会期 2019年4月20日(土)~5月19日(日)※会期中無休  
開館時間 土日祝休日 午前10時~午後6時
平日    午前11時~午後6時
※入館は閉館の30分前まで
入館料(チケット)

一般:1200円
子供:600円

ローソンチケットでも購入可能です。

 

※障がい者手帳をお持ちの方とその介護者1名は無料

なんばスカイオに到着!!

南海なんば駅直結。
と書いているもののJRを利用し、さ迷う我が家。

恐竜アクセス

なんばスカイオはこちら!!

到着するとエレベータは混雑するためか、大恐竜展にはエスカレーターをご利用下さいとの張り紙。そのエスカレーターもすぐそばにあり、7Fまで時間はかかりません。

チケットは現地にて当日購入しました。
売り場は3列にわかれ、それぞれ3、4組ほどの並び具合です。
混雑を少し懸念しておりましたが、5分も待たずに購入できました。

チケット待ち時間を利用し、入場前にお子様のお手洗いは済ませておくと良いでしょう。

ワークシート

入り口で配っているワークシート

手にしたワークシート。
誰かしている子いるのかな??
と周囲を眺めると、小学校高学年くらいの男の子が一人、熱心に書き込んでいました。

ぉぉ、頑張っている・・・

フロア内に特設の記入用スペース、エリアは見たところ見当たらず、混雑時は立ちながらの記入はちょっと大変かもしれません。

(入り口では有料ですが、音声解説のラジオ?も用意してありました。
内容は詳しく見ていなかったですが・・・色んな補足説明が聞けるのかな??
がっつり学びに来た方にはよいかもしれません。)

中ある色んな恐竜の標本。どれも精巧です。

ヘルレアサウルス

ヘルレアサウルス

カラフル!!

色鮮やか!!

そして数回角を曲がるとフロアの中心が見えます。

そこで人だかりを見下ろすのは・・・

・・・

・・・

イベントの目玉!!

全長12メートルのティラノサウルスロボット!!!

その大きさもさることながら!!
動きと声が加わることで格段に迫力が増しております。

大の大人でも普通に「ぉお、これは凄い。」と唸るかもしれません。

幼き子の泣き叫ぶ声も周囲からちらほら・・・
その気持ち、わかります。

視線怖いし・・・。
こんな上司が会社にいたら即座に逃げ出すことでしょう。
追いかけてきたらエレベーターの閉じるボタンを連打してしまいます。

ここでは小っちゃい!!と思えるちょこんとした前脚。
それも、後でツメを見ると迫力あって大きい!!!ことが判明しました。
それだけ体が大きい・・・のです。

このティラノサウルスを見ただけでも行った価値あり!
おすすめ出来るイベントとなっております。

マナー01

親切なお食事マナーもついておりました。

後は恐竜化石に触れるコーナーで化石に触れつつ、
アンモナイト化石の発掘体験でパサパサ砂を払いつつ、流れに沿って進みます。

ギャラリートークも日によって行われているようです。
興味ある方は公式HPを是非ぜひご確認ください。

【公式】大恐竜展inなんば~よみがえる地球の絶対王者~ HPはこちら

90分待ちの人気?!恐竜のキャンドル作り!!

帰り道、会場入り口近くの特設コーナーでは恐竜のキャンドル作りのコーナーが。

ジェル状の蝋(ろう)とガラス細工を使い、世界でひとつだけのオリジナル「恐竜ジェルキャンドル」を作れるようです。

【料金】1,100円(税込)から※ガラス細工などは別途料金
※受付は開館から閉館1時間前まで。
※所要時間は約20分(お渡しまで別途約40分かかります)。
とのこと。

GWの初日となる29日、月曜日の15時ころ、こちらの入口にはなんと90分待ちの立て札!!
かなり人気があるようです。

この後に予定もあったため参加は断念。

受付に置いてある紙に名前を記載、予約を行うようです。
もし、キャンドル作りもしたい!!方は恐竜展の中心フロアをじっくり見る前に出口方面に進み、あらかじめ待ち時間の確認(予約も?)をされておくとよいかもしれません。

お土産のコーナー

ぐるりとフロアを1周し、出口に向かうと最後はお土産のコーナーにたどり着きます。

フィギアやクッキー、Tシャツ。
クリアファイルにトートバッグと並ぶなか、

目についた珍しいモノと言えば・・・
カット海苔やパスタの姿!!

恐竜海苔

恐竜を素材にした商品の中でもよく考えたものです。
ぉぉ、こんなのもあるんだ!
と思わずパシャリと撮影しちゃいました。

確かに、遠足とかでお弁当を持参する日に弁当箱をカパっと開いて。
おにぎりに恐竜海苔が巻かれていたら・・・
となりの生徒から歓声があがるかもしれません。

「ぉおっ、何それ?! かっっけー!!!」
って、絶対盛り上がりそうです・・・。

そう思いません?! 笑

まとめ

いかがでしたでしょうか!

わが家の恐竜ブームと、大恐竜展の簡単なレポートとなりました。
関西においでになる方はなんばに訪問がてら、立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

【公式】大恐竜展inなんば~よみがえる地球の絶対王者~ HPはこちら

きっかけにもなった学研の図鑑LIVEでは、恐竜以外にも様々なジャンルが存在しております。
学研の図鑑LIVE HPはこちら

お子さまにとって、新たに関心の持てるモノがもしかしたら発見できるかも?!

最後になりますが・・・
大恐竜展をまわり出口へと向かう道の途中、
「なにこれ、カッコいい 笑」となったポスターをご紹介いたします。

平和01

平和へのシンプルなメッセージ

こちらも、とても気になる内容です 笑

以上、ご閲覧ありがとうございました^^