「プラン」は何故大切?

突然ですが、「プラン」と聞いてあなたはまず何を思い浮かべますか。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・7

・・・・・・・・・・・・・・・・・・6

・・・・・・・・・・・・・・・・・・5

・・・・・・・・・・・・・・・・・・4

・・・・・・・・・・・・・・・・・・3

・・・・・・・・・・・・・・・・・・2

・・・・・・・・・・・・・・・・・・1

そこまで。ありがとうございます。

思い浮かべるものがある方は、順調に進んでる所でしょうか。
はたまた、なんのこっちゃでしたでしょうか。

「プラン」。。何かを成し遂げるには、この「プラン(計画)」が大切、と言う言葉はちまたでよく耳にします。
プランを立てるのが苦手!という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

ブログ目的を考えたときに、「プラン」と言う単語そのものにふと惹かれました。
思いついた題材が「プラン」とか言うツッコミは甘んじて受け流します。

では何故大切なの? 部分について考えてみた所、なんでだろー状態になり、改めて考えてました。

お持ちの目的に対する「プラン」づくりの、少しでもお役に立てましたら幸いです。

「プラン」とは

まずは言葉の定義から。

– 以下wikiより引用 –
– 何らかのものごとを行うために、方法や手順を考え、企てること。また、そうして考え企てた内容のこと

日本語で表すと「計画」という所ですね。
よくある言葉の言い回しで、「目的」「目標」「プラン」が混同しがちです。

それぞれの定義、関連性について簡潔に以下まとめます。

「目的」とは - 成し遂げようとすることがら。行為の目指すところ(抽象的)
「目標」とは - 目的を達成するために設けためあてのこと(具体的)

目的達成のために目標があり、目標達成のために計画が必要
という三者の間柄になりますね。

「プラン」の種類

世の中にはたくさんのプランが存在しますね。

ビジネスにおける
・ビジネスプラン(事業計画書)
・プロジェクトプラン
・・・

人生における
・ライフプラン
・キャリアプラン
・マネープラン
・・・

身近な所でいいますと
・旅行プラン
・デートプラン
・食事プラン
・スマートフォンの料金プラン
・・・

そして、今ブログのプラン。

例題として、目的「北海道でラーメンを食べたい」を立ててみました。

「プラン」の必要性

必要性につきましては「必要な度合い」、 ニーズ( 需要)等、
高い、低いのように使われる場合が多いですね。

必要性は「プラン」を立てる方が、立てないよりメリットが高い(多い)為になります。

「プラン」を立てる事によるメリット

ビジネスプラン(事業計画書)の様なキチンとした対象以外にも、規模の大小を問わず「プラン」を立てる事によるメリットには通ずる部分が沢山あります。

「プラン」を立てるという事は、内容とその方法や手順を明らかにすること。
いわば、「頭の中にあるものビジョンを明文化する事」

明文化により、「第三者に公開する事」が可能に

この、「第三者に公開する事」が凄く大切ですね。
(第三者と言うのは、客観的に見た自分自身も含むかもしれません。)

それにより第三者が協力することが出来ます。
いわば、他人の尊厳欲求(褒められたい・認められたい)を満たすことにも繋がります。

自分が他人の力になれると感じたとき、手を伸ばして下さる方がいらっしゃるかもしれません。
と考えると、「プラン」を共有することで、他の誰かの目的を叶える手助けにも知らず知らずなっているかも知れませんね。


目的「北海道でラーメンを食べたい」で言えば

「目標」
今回は飛行機に乗り、北海道に行く。
美味しい味噌ラーメンを食べる。
春までに費用を調達し、一度は行きたい。

「計画」
今回は札幌市内のラーメン屋に決定。
美味しい味噌ラーメンをwebや雑誌などで調査。
費用を具体的に計算。

公開する事で、
・味噌ラーメンの美味しい店しってるよ!とか、
・お得な航空プランがあるよ!とか、
・一緒に行きたい!
・缶コーヒーおごるよ!
とか、予期せぬメリット?や 情報提供等の恩賜を受ける事が出来るようになります。

必要なもの、足りないものが具体的に把握可能に

達成に向けての道のりや距離、課題がハッキリします。
それにより、具体的なアクションプランが書き出せるようになり、潜在リスクの発見にも繋がり、成功の可能性を高めることが出来ます。


目的「北海道でラーメンを食べたい」で言えば

費用を具体的に計算

関西空港から札幌(新千歳)空港まで飛行機(おおよそ10000円に)
市内まではJR快速エアポートを利用(おおよそ2000円に)

掛かる費用は交通費が往復で以下
10000 * 2 = 20000
2000 * 2 = 4000

計 24000円
ラーメン 1000円

ざっくりですが計 25000円。

12月から旅費貯蓄するとして12、1、2、3と4か月。
25000 / 4 = 6250
月を4週間として、
6250 / 4 = 1562.5
切り上げて一日で言えば。。
1570 / 7 = 224.285714286

約一日235円、缶コーヒー二本分へそくれば行ける計算に。(おぉリアルや)

ゴール地点から磨きをかけることが可能に

「プラン」を終えた時の完成図、出来上がりをまるべく鮮明にイメージします。
実際に完了後、成し遂げてみた観点から、これ必要、あれ足りない、出来たとしてもこれじゃ駄目、等の結果達成後をイメージ。

それにより「プラン」自体をより広い視野で見直すことができ、「プラン」そのものの正否の判断にも繋がります。そもそも地図あってるのかな、と。
いわば、「出来たとして、達成したとして」の評価、結果を先取りです。


目的「北海道でラーメンを食べたい」で言えば

ここまで旅費をかけていくメリットがあるか否か。。。
投稿テーマにもなるし、飛行機乗ってみたいし、なんか面白いし、、有りや!

 プランを立てるとこから楽しみは始まっています!!

学生の頃、遠足の前日に眠れなかった経験はございませんか。
計画をあれこれ考える時点で、すでに目標達成、目的に近づいております。

応用?になりますがなりたい人物像、こうありたい人物像があるのならば、なったつもりで行動すれば良いのです。

心の方向性一つで行動は変わってきます。

【補足説明】マズローの欲求5段階説

マズローの欲求5段階説

– 以下wikiより引用 –
アメリカの心理学者「アブラハム・マズロー」が、「人間は自己実現に向かって絶えず成長する」と仮定し、人間の欲求を5段階の階層で理論化したもの

低階層の欲求が満たされると、より高次の階層の欲求を欲するとされる。

1.  自己実現欲求(あるべき自分になりたい)
2.  尊厳欲求(承認欲求)(褒められたい・認められたい)
3.  社会的欲求(帰属欲求)(集団に属したい、仲間が欲しい)
4.  安全欲求(安全・安心な暮らしがしたい)
5.  生理的欲求(食べたい・寝たい)

もう一つ、全人口の2%ほどしかいないと到達してないとされている階層なるものも存在するようです。

6.自己超越

他者から見返りを求めず、他者の不幸に罪悪感を抱き、謙虚であり、創造的であり、多視点的な思考ができるという、高尚な欲求の様です。

ここまで到着すると今まで見えなかった新しい世界、人生観になるかも。。と聞いたら知らない世界が見えるって、いいなーずるいなーってあなたは目指したくなりませんか?(笑)

このブログでは

「プラン」立てるにはまずしっかりとした「目的」が必要ですね。

洗い出したところ、以下が浮かびました。

1.  伝え方のスキルアップ
・文章力の向上
・構成力の向上
・表現力の向上

ドキュメント類を作成するにあたり、わかりやすい説明、言い回しは非常に重要なポイントとなる為、伸ばしたい能力です。

2.  技術的要素の向上
・Analytics解析ノウハウの蓄積
・WordPress改修、開発スキルの向上

普段プログラミングを職にしていることもあり、幅広い技術知識の習得の為でもあります。

が、実際にはそれらは目標、後付けとなり、ズバリ以下要求を満たす為であります。
・尊厳欲求(承認欲求)
・自己実現欲求

Googleのローカルガイドを始めたのは・・・
目的地を探される方の選択の参考に少しでもなれればと思い、

イベントレポートを書きたくなったのは・・・
家族のお出かけ(特に小さいお子様をお持ちの方)の参考に少しでもなれれば。という思いがあります。

そしてその達成の為に、よりうまく伝えるスキルや技術を伸ばしたい。

「今ブログの目的」尊厳欲求(承認欲求)、自己実現欲求を満たす為
「今ブログの目標」伝え方のスキルアップ、技術的要素の向上
・・・

「今ブログの計画」
・週に一つ、投稿を継続。
・新たなレポート作成の為に週に一つ、食事処の新規開拓。
・・・

上記を月4つずつ実行すると一年で48本(店)。
何事も継続は力なりですね。

他にもやりたいこと、計画はたくさんあります。
近づかなければわからないことは、近づけばいいのです。

まとめ

「プラン」は何故大切?
その意義について簡潔にまとめてみました。

その中で、何かしらの発見があなたにもありましたら嬉しい限りです。

また、今ブログのタイトルテーマ「なんとかなるかな」、にも由来しますが、
人生なんて、まずは自己満足でいいのではないでしょうか。

生きる目的そのものを自分の好きなように決めてよく。
より満喫出来るようにプランを立てる。

いつ終えるかわからない一度きりの旅を、存分に味わうことが出来ればいいですね。

以上、ご閲覧ありがとうございました。