『いい意味』でのわがまま、欲張りさん?! 生きがいの図!!

生きがいの図

生きがいの図

知る人ぞ知る生きがいの図。 ご存知でしょうか。

数年前(2014年?)にSNSで流行った事もある『Ikigaiの図』、記事投稿の為に改めてイラストを作成しました。

このような概念図、実際の人生において100%の内どれくらい正しいかは神のみぞ知るところではあります。(以前投稿しました、22段階の感情スケールもそうです。)

が、パッと見た時に『ぁ~いわれてみれば確かにそうかも。』、『納得できる部分があるかも。』とうなづける部分も多い図かもしれません。

いかがでしょう。。

自分が初めて見た時は『ぁ~なるほど。確かにそうかもしれない。』と、なりました。

と、いうこともあり先人達の知恵は人生の歩き方において1つの参考資料、良きガイド!!

情報があふれる中では盲目的に信じることより、色んな角度からの知識を取り入れることも必要です。
そうすることで自分にとっての正しい基準が広がり、より深い理解へと繋がります。

という事もあり、これは役立つ!! 参考になる!! と思ったものはついついイラスト化してしまいます。

単なる文字より、図形としてある方が直感的に覚えやすくもありますし!!

生きがいとは

ではさっそくこの図の説明に。

と、進む前にそもそも生きがいとは何なのでしょう。

webで定義を色々調べてみますと、

・人生の意味や価値など、人の生を鼓舞し、その人の生を根拠づけるものを広く指す。
・生きていく上でのはりあい
・人生いかに生くべきかといった根源的な問いへの〈解〉
・生きていて楽しくなること、そのために生きたいとさえ思えるもの

と様々。
あくまで感覚なので統一は難しい所ですね。

数値として今『生きがい90!!』とか、去年は『生きがい30。。。』とか把握できればわかりやすいのですが。

自分なりに一言でいいますと『色んな欲求をまとめて満たすことが出来る』状況。

それはつまり、潜在能力を惜しみなく発揮出来る状態。

『いい意味』でのわがまま、欲張りさん。

と、まれに『いい意味で』という表現を使う事がありますが、じゃあ悪い意味は何??
と画面に向かって突っ込んだりしそうな時は無いでしょうか。

(自分だけでしょうか。。。あまのじゃく性が。。いかんいかん。。。
素直さは大事だというのに。。。いや、疑問を持つのは悪い事ではないし。。。
自分の気持ちに素直って事で。。。)

と、そんな方の為にここで言う『悪い意味』も説明しておきますと、
他者から何かを奪う事によって満たされるわがまま、欲張りさん。

つまり、『いい意味』でのわがまま、欲張りさんとは他者から奪わず、むしろたくさん価値を与えながらも自分の欲も満たすような事を指します。

ほんと欲張りだ。。。いい意味で。。。

幸福 = 生きがいと、単純に直結するものではありませんし、誰もが生きがいを求めましょー。と押し付ける内容でもありません。

と、それまた何故かといいますと。

あなたが学生の頃・・・

よし、いざ勉強を始めよう!!

といざ机に向かおうとしたまさにその時、親から「勉強しなさいよー!!」と言われたら
「やーらない!!」と、思わず反発したくなった事ないでしょか。

勉強に限らず。。。掃除などでもよくありました。。。

この現象を心理学の分野では「心理的リアクタンス」と呼ぶそうです。

リアクタンスとは「抵抗」を意味、自分の行動や選択を自分で決めたいという人間本来の欲求が犯されると思うと、無意識にこの「抵抗」が発動するようです。

人の前提として、自分の行動や選択を自分で決めたいという欲求が存在するのですね。

そのため、
・相手から愛情や行動を強制されると反対の意見や行為をしたくなる。
・自由を制限されると、より自由に執着したくなる。
といった、天邪鬼的な行為の説明にも繋がるのでは無いでしょうか。

つまり何がいいたいの・・・?!

生きがいも急かされて求めるものではありません。と。
(そもそも行動は自発的で無いと、なかなか変えることは出来ませんよね!!)

・・・

・・・

・・・

って!! いきなり進めておりました!!

今記事は
・現状に不満は無いけど何かむなしさを感じるかも。。
・「このままでいいのかなぁ・・・」と、何かが物足りない。
・もっともっと人生満喫したい!!
・不当な扱いをうけてなんか納得いかない!

な方におススメです!

生きがいを感じる時は、成長も加速する時かも?!
前置きが長くなりましたがこの図の説明へと進みます。

生きがいの図の説明

簡潔にこの図を説明しますと、

・好きな事

・得意な事

・世間が求める事

・お金になる事

の、ちょうど重なる中心!!に生き甲斐があるようです。

趣味 = 仕事 = 遊び といった所でしょうか!

生きがいの図

図では【天職≠生き甲斐】なのも、ちょっと意外な所ではあるかもしれません。

現在天職に就かれてらっしゃる方は後少し!! クククッっと左上方面、好きな事と得意な事もミックスさせると、より充実を得られる?!

・・・

・・・

・・・

って簡単に出来れば苦労しませんよね。

それぞれの構成要素について、話を進めたいと思います。

好きな事『What you LOVE』

英文は本家の表での記載となります。(いきなりRookしている訳ではありません。)

好きな事!!

そもそも、好きとはどういった感情?!

恋愛で言う好きと、この好きは異なる好きなのでしょうか。
相手の事が気になって、その事ばかり考えてしまうような気持ち。

時間が経つのを忘れる、もっともっと知りたくなるような、そんな感情かも知れません。
夢中になってる状態ですね!!

となると好きの発端は好奇心。
から生まれるのかもしれません。

自分にとって好きなものはコレ!! と言ったものが見つからない。。。
そんな時は、色んな初めてに興味を抱き、挑戦してみるのも良いかもしれません。

食わず嫌いという言葉を聞いたことはございますでしょうか。
(思わず決定戦なるコーナーが浮かんで来た方もいらしゃるかもしれません。)

食べたことないのに、なんとなくはじめから嫌って食べない。
自分は・・・納豆が以前は食わず嫌いでした。
が、一度食べてみると意外とイケるし!!
となり、それ以降美味しく頂いております。

同じような経験、あなたもありませんか??

行動も同じように、実際に試してみないと好きかどうかもわからないものです。
最初の印象が受け付けないことほど、意外とハマったりして?!

それに、好きは一つでなくても良い!!
好きがたくさんあるほど、色んな方向に柔軟に対応できるかもしれません。

とはいえもちろん、好きな事をするだけでは生計は立ちませんね。
そこに他の要素を絡めていくことも必要と、この図は示しております。

得意な事『What you are GOOD AT』

得意な事!!

簡単そうで難しい項目かもしれません。

何故なのでしょう??

得意な事とは・・・

本人が自覚せずにも出来る事でもあるからです。
つまり、周りとの相対的な比較があってこそ、初めてわかることでもあります。

自分の得意がわかっていないと、どうなるでしょう。
プラス要素以外に、マイナス要素になることもあるかもしれません。

(それはどういう事??)

たとえば・・・

職場の同僚が何かしらの作業にもたついたとしましょう。

それはあなたにとってはさくさく普通に出来る作業。
なのに、オタオタとスムーズに出来ない同僚。

その姿を見て思わず(なんで出来ないのだろう??)と、口にせずとも頭に浮かんだ事はございませんか??

(浮かばなかったあなたはとても心優しい!!)

反対に、なんで出来ないのだろう??と思われていることもあるかもしれません。

さらに、我が家でたとえますと・・・
流し台に溜まった食器、ゴシゴシとまとめて洗う時があります。

そして洗い終わった後。

わずかに、ほんのわずかに食器に汚れが残っていた時があります。

すると、その汚れを発見した妻に(優しくですが)怒られます。
ちゃんと洗ってよ。と。
どこみてんのよ。と。

あれ・・・

この例えはちょっと違うというか別問題の気がします。はい。忘れてください。

・・・

・・・

・・・

いや!!
ここはあえて全国の男性陣、夫の意見を代弁して言わせていただきます。

男性は家事に関しては(あくまで女性と比較すると) 、今までの生活の中で家事手伝いに携わった時間が少ない!!可能性の方が高い!!

これは原始時代からもそうだったように、男性は狩り、女性は家庭を守る、と言った遺伝子レベルの性質の違いではないでしょうか。

つまり、男性は幼いころからの生活の中で掃除、洗濯を含め家事を親から教わったり、家事に費やしてきた時間が女性よりも短いのです。
よって、家事遂行に関する能力は女性の普通の方が男性の普通より水準が高いのですっ。

ですよね??

ここまで大丈夫ですよね??

無茶苦茶な展開じゃないですよね?!

つまり、『なんでこんな簡単な事も出来ないんだろう。。。』と思われる事も、あなたにとっての簡単は相手にとっても簡単とは限りません!!
(度々の忠告の末、汚れは残さないように成長しました!! どやっ)

のでので!!
ストレスを抱える前に少し、簡単のステップをほぐされてみるのもいかがでしょうか。

求めるのが10だとしてもより細かく段階を分けて評価を考えてみます。

食器洗いのケースでしたら・・・

もうスポンジ握ったら1かもしれまれん。
洗剤掛けたら2、泡が出たら3です。

10がピカピカだとして、たとえいきなり10に至らなかったとしても!!
褒めてみて下さいませ。

7まで出来て凄いと。ありがとうと。
(めんどくさくてほんとスミマセン・・・w)

とはいえ!!

相手の水準から考えることは円満な夫婦生活を送るだけにとどまらず、色んな人間関係におきましても一つのコツかもしれませんね。

ってなんの話でしたっけ。

そこまで怒らなくてもいいのにって話でしたっけ。

多分違いますよね。。。

・・・

・・・

・・・

そう!! 得意な事ですね。

それはあなたにとっては『普通』に行える事。
自分の普通範囲を知るには、自分以外の方の普通の範囲の理解も必要です。

人に言われて気付くのが、一番わかりやすいかもしれませんね。

身近な方に自分の取柄は何だろ、教えてー??と、尋ねてみるのも良いかもしれません。

人から「変わっている」と言われたことも得意に発展するかも!!
他人と異なる点には得意のタネとなるものが眠っているもんです。

好きな事、得意な事の発見法につきましては世にもたくさん文献があり、また別記事にてそれぞれ具体的なステップ、アプローチもまとめていければと思います。

世間が求める事 『What the world NEEDS』

世間が求める事。

時代と共に世間が求める事も価値観も、うつり変わっていくものかもしれません。
常に一定では無いところです。

特に今は取り巻く環境もテンポよく変化する時代。

モノをつくれば売れる時代でもなく、日本国内では生活する上での必需品は入手難度もさほど高くありません。

普段生存する為の難易度も極端な話ですが、戦国時代と比較したら下がっているのでは無いでしょうか。
平均寿命の高まりが時代の平和を示す事もあり、その分、生きる上での自由が増えたのかもしれません。

世間が求める事を自分なりの切り口で分類すると、

・隠れた欲を満たすもの
・自己実現、成長へと繋がるもの
・孤独、寂しさを埋めるもの

の様になりました。

あくまで自分の視点からではありますが、それぞれ簡潔に説明してまいります。

・隠れた欲を満たすもの

隠れた欲を満たすもの。 

「こんなのが欲しかった!!」と、気づかなかった価値を提供するもの。
あったら便利で快適になるアイデア商品とかが該当します。

例えば。。。逆折り式傘 逆さにたたむ傘とか。

一旦CM入りまーす^^
初めて存在を知った時、これはお見事。と感じました。

折りたたんでもしずくで濡れない! 満員電車も安心!!

・自己実現、成長へと繋がるもの

自己実現、成長へと繋がるもの。

これは何かと申しますと、学校教育では教われない、教えきれない色々な学び。
社会に出た後、時代に沿ったスキルアップに対する学びは求められる所かも知れません。

生きがいを求めるのもその一環かもしれませんし、
精神性を高める事も、自己成長に該当するのかもしれません。

学校教育といいますと。。。
2017年3月、改訂された新学習指導要領が公示され、2020年度から小学校でプログラミング教育の必修化が決定されました。

(丁度?うちの子も来年から小学生なので学校教育には興味津々でもあります。)

プログラミング教育といいましても「コード書き」そのもの、プログラマー育成が目的では無く、「プログラミング的思考(論理的思考)」を伸ばすのが目的の学習活動になるそうです。

論理的思考とは物事には手順があり、手順を踏むと、物事をうまく解決できるといった、論理的に考えていく力になります。

ーーー ここから自分事で激しく脱線 ーーー

学校教育とは別に、我が家の家庭教育では以下をそれとなく教えていきたいところです。

・逆境力の培い
(・お金の教育)
(・ブログ等のアウトプット能力)
(・瞑想)

社会に出た時の可能性を広げるのも、親としての役割かもしれません。
今は感情の豊かさを育てる時期、一緒になって遊びに熱中したり戦いごっこをしております 笑

ーーー 脱線ここまで ーーー

・孤独、寂しさを埋めるもの

孤独、寂しさを埋めるもの。

お祭りやイベント、季節ごとの色んな行事が存在しますね。
近年ですとコミュニティーサービス、そしてオンラインサロン等の需要も高まる一方です。
(もちろん、孤独、寂しさを埋めるだけの為にあるのではありません)

生きるために必ずしも必要ではないかもしれませんが、あると楽しい、無いと寂しい。
(そう考えますと楽しさと寂しさは、対義するようで同じ事を示すかもしれません。)

自身の存在意義を求めたり、活動できる居場所を求めたり。
人との繋がりを求める術も、様々な形態になっているのかもしれません。

と、世間が求める事を3つの観点であげてみました。
いずれにせよ、心を満たすためのものですね。

時代の変化にともなう常識や価値観の変化にも、気を配りたいところかもしれません。

お金になる事 『What you can be PAID FOR』

最後となりました。

お金になる事。価値として対価を得るもの。
(広義では仮想通貨や信頼残高も含まれるかもしれません。)

この価値交換するための手段がインターネットの発展により一気に多様になりましたね!!

その結果、様々なサービスが次々と、指数関数的に増えているのでは無いでしょうか。

数十年前だと個人では諦めざるを得なかったようなスキルを活かす事も、インターネットを筆頭とする技術の発展によって出来るようになったのでは無いでしょうか。

たとえば。。。
個人として歌や絵などの芸術やユニークな技術の提供も、誰もがwebを通じ公開、提供することができます。書籍も電子書籍といった形態で比較的簡単に出版可能です。

つまり、サービス提供までの敷居が格段に下がりました。
※とはいえもちろん、品質や新規性が求められるのは変わりません。

また、「シェアリングエコノミー」といったような概念、市場もドンドン加速しております。

※シェアリングエコノミーとは

「個人が保有している遊休資産の貸出を仲介するサービス」

物やサービスを自分だけで所有・利用するのではなく、インターネットを使って情報を共有することで、必要な人が必要なタイミングで必要なモノやサービスを利用できる新しい経済概念。

以前紹介させていただいたのは、『場所』を提供するサービスの一環です。

参考リンク : 幹事様必見?? 無料見学プラン有り♪【天満・扇町】コワーキングスペースROUGH LABO TECH扇町!!

対価を得る為の手法そのものも、変化、進化の真っ最中かもしれません。

まとめ

生きがいの図

いかがでしたでしょうか。

生きがいの図の構成と、それぞれの要素についての説明となりました。

4つある要素を改めて振り返ってみますと、

・好きな事
・得意な事

こちらは主に自分自身の内部要因。
自分の中から見いだすものかもしれません。

そして次の要素。
・世間が求める事
・お金になる事

こちらは反対に外部要因となります。

改めて文章を書きつつ思ったことは。。。
生きがいを見いだすのはなかなか大変なことだなぁと 笑

自分自身の評価を適切に行い、その上で市場そのものの変化に対応する洞察も必要。
人生の学びと成長は死ぬまで続いていきそうです・・・

困りますよね 笑

とはいえ、やりがいあるという事はその分楽しい!!
という事でもあります。

大切となってくるのは・・・
色んな視点を増やし、色んな手段が存在することを学び、気づくことかもしれません。
知ったうえで選択しないことと、知らずに(気づかぬ間に)諦める事は大きく異なりますね。

可能性に気づかない事はとても勿体ない事。
色んな夢が実現可能になった時代でもあります。

潜在能力を引き出し、各々が最高のパフォーマンスを発揮できるような。
そんな世の中になったら素敵だと思いませんか?!

悪い感情が少なくなり、笑顔の総数がふえるとしたら。。。
自分はとても素敵だと思います。

せっかくなら、つらいより楽しく日々を。
そういった道を考えた時、生きがいの図が何かしらの参考になりましたら幸いです。

ダウンロード用PDFはこちら↓↓↓
生きがいの図

以上、ご閲覧ありがとうございました^^