【学習における6つのステージ】ステージ5:人前でやってみせます。

以前ご紹介しました、【コリン・ローズの加速学習法―「学び方」のまなびかた】より得た内容を引き続きのご紹介。

↓↓↓以前の投稿はこちら
得意なことの見つけ方?! 7つのインテリジェンス!!(多重知能理論)

学習における6つのステージとは??

確実に成果の上がる学習の条件をまとめてモデル化したもの。

前回までのおさらい

ステージ1では最適な心の状態になることが大切。

ステージ2では情報を自分にフィットした形で入手。

ステージ3では突っこんで学びます。

ステージ4では要点を頭に入れます。

ここまでを要約しますと、

1.効率の良い学習を行うにはまず心構えが大切!
2.自分の得意な学習スタイルに沿い、学ぶことが大切!

3.全体図から細部を学び、何より楽しんで学ぶこと!
4.関連付け、思い出すための鍵を見つけよう!

と言った内容でした。

いよいよ残るところ後わずか、終盤のステージ5をご説明いたします。

学習における6つのステージ:ステージ5

【学習における6つのステージ】全体像はこちら。

learning_stage_02

(赤い四角で囲っている部分が今回のステージ5!! お馴染みになってまいりました。)

【学習における6つのステージ】

ステージ5:人前でやってみせます。

学習者は、自分の得た知識や技術を人前でやってみる機会が必要です。
こうすることによって自分が既に何を習得し、何をまだ習得していないかがはっきりします。

そしてまた練習し、現場でどんどん活用します。

誤りや失敗は、そのやり方を再考する必要がある事を示す有益な手引きでもあり、フィードバックです。

恐れや否定的な気持ちを起こす必要はありません。

(引用: コリン・ローズ著 , 森 眞由美 編・訳(1996), コリン・ローズの加速学習法 ―「学び方」のまなびかた, PHP研究所, P117より)

・人前でやってみる機会が必要。
・また練習し、現場でどんどん活用。
・恐れや否定的な気持ちを起こす必要はありません。

・人前でやってみる機会が必要。

6つのステージの内、今までの4ステージは主にインプットに対してのステージ。
対して、終盤のステージはアウトプットが主体となっております。

教える事は最大の学びと言われます。

が、それは何故なのでしょう。

実際に学び終わった直後、その知識は細い線のようなものかもしれません。
いざ教えるとなると、ちょっと話がずれるとわからなくなったり、言葉につまったり。

思わぬ質問があると、すぐ切れてしまうような、細い線の段階。

つまり、まだまだ知識として穴があったり、周辺知識が全然足りないことに気が付きます。
わかっていると思っていた事が、わかったつもりだった事に気が付きます。
そして、改めて深みをもって知識を学ぶことの必要性に気づきます。

と、この様に書いてみるとたくさんの気づきをもたらしますね・・・
(これも、アウトプットのおかげ!!)

気づくという現象は、今までわからなかった事がわかるようになること。
つまりは成長そのものです。

・また練習し、現場でどんどん活用。

足りない部分に気づいたのなら、後は学んでは教えての繰り返しですね。
インプットとアウトプット。

繰り返すうちにアウトプットを前提としたインプットとなり、
どんどん学習効果も高まるかもしれません。

つまり、学びに対し、
「これを教えるにはどうしたらいいのだろう。」
「どうすればわかりやすく伝わるだろう。」
といった意識も含むようになります。

漠然と学ぶ時と、教えるための意識を含みながら学ぶ時。
比較すると、後者の方が濃密な学習になるのではないでしょうか。

・恐れや否定的な気持ちを起こす必要はありません。

誤りや失敗に対しての、勇気付けられる言葉ですね。

何かにチャレンジする時、うまく行かないと、
(やっぱり自分には無理だったかも・・・)
(どうせ出来ないし・・・)
と、諦めるための言い訳を探してしまう。。。

そんな考えに陥った事は、誰もがあるのでは無いでしょうか。

そもそも人間には現状維持を好む本能的な習慣があるため、新しい事を身につけ習慣づける為には意図的なエネルギーが必要です。

『失敗』!!
という単語そのものが、過去の望ましくなかったネガティブな連想を呼んでしまうかもしれませんね。

そんな時は、一つの気休めに過ぎないかもしれませんが、
『失敗』という単語を『上手くいかなかったこと』と言い換えると良いかもしれません。
それだけ単語そのものがもたらすイメージには強力なものがあります。

何かを伝える!という行為が時に難しいのは、
一つ一つの単語がもたらす意味が、その人の背景次第で大きく異なるからでは無いでしょうか。

たとえば。。。
「りんご」を説明してください!

と言う一見シンプルな問題一つでも、解答は千差万別ですよね。
・赤い果物!
・バラ科リンゴ属の落葉高木樹。植物学上はセイヨウリンゴと呼ぶ。
・ばら科の落葉高木。春、白または薄紅の花が咲く。果実は球形で甘ずっぱい。
とかとか。

生産者の方でしたらそのこだわりをお話されるかもしれませんし、一つ一つの言葉、単語が持つ意味の深みは人それぞれ異なります。

と、やや脱線しましたが、普段使う単語の選び方や、言いまわしはとっても大切!!というお話でした。

話を戻しまして、どんな事でも最初から全てが順調に、完璧には出来ません。
しばらく上手くいかなくともそれは当然の事、経験無い事に挑むのですから。
経験ない事に挑み、(たとえ周囲に笑われたりして)恥をかいたとしても、それは決して悪い事ではありません!!

むしろ、過去に同じように上手くいかなかったことをたくさん経験された方ほど、
(ぁ~わかるわかる!!)と、他人の行動に寛大な気持ちになれるものでもあります。

経験浅い方の笑い声を気にする必要はありません。
これはつくづく実感することなのですが、

簡単そうに見えるけど、いざやると難しさに気づく!!

事が世の中にはたくさんありませんか?!

たとえば。。。
車の免許を取得すべく学びだした当初、車の運転ってこんなに色々覚えないといけないし、縦列駐車とか難しいし!っとなり、世のドライバーの方すべてをすごいなぁと尊敬しておりました。

子を持つ立場になった今では、親の大変さが身に染みてわかるようになってきました。

いざその立場に立って初めてわかること。はたくさんありますよね。

同じように、教える事のメリットとして
教える側の立場がわかるようになる。
事も、付け加えて良いのでは無いでしょうか。

自分自身の成長のためにも、身近のことでも自分の経験やノウハウでも、
誰かに教える機会を設ける事を意識してみるのは良いかもしれませんね。

いよいよラスト!!続きはこちら・・・ステージ6:振り返ります。